剪定は神戸の【拓己庭園】へ~木の種類によって異なる枝の剪定をするタイミング~

拓己庭園

078-862-3302

〒658-0063 兵庫県神戸市東灘区住吉山手7-5-11

営業時間 8:00~18:00/定休日 年始

lv

剪定は神戸の【拓己庭園】へ~木の種類によって異なる枝の剪定をするタイミング~

剪定は神戸の【拓己庭園】へ~木の種類によって異なる枝の剪定をするタイミング~

剪定は神戸の植木屋【拓己庭園】へ!~枝の剪定はプロにお任せ~

剪定は神戸の植木屋【拓己庭園】へ!~枝の剪定はプロにお任せ~

剪定神戸の植屋【拓己庭園】にお任せください。見た目を綺麗にして、庭全体をすっきりとさせるためにも、庭木の剪定は必要です。

しかし、自分で木の剪定をしようとしても、どこを切れば良いのか迷ってしまいます。【拓己庭園】は葉全体に日光がいきわたるよう、様々な技術を駆使して剪定いたします。

いらないを切ることで木がよく育ちますし、新しい枝がどのように育っていくかを想定して切ることで、次第に樹木の形も整っていきます。薬剤の散布も承りますので、害虫駆除もお任せください。

剪定のタイミングは木の種類によって違う

剪定のタイミングは木の種類によって違う

剪定の目的は、木の形を美しく見せることと、木の成長をサポートすることです。そのため、成長を妨げる時期の剪定は望ましくありません。

剪定をするタイミングは、木の種類によって異なることをご存知でしょうか。常緑樹や針葉樹の剪定は、新芽が出る前か、新しい葉や枝が固まってきた頃が適しています。

常に葉が生い茂る常緑樹や針葉樹は、必要な養分を必要な分しか生成しません。そのため、日照時間の短い冬に剪定をしてしまうと養分が足りなくなり元気がなくなってしまいます。

これに対して落葉樹は冬に休眠期に入るため、養分を十分に蓄えています。葉が落ちた冬は枝の向きなどもよく見えるため、剪定しやすい良い時期です。真夏の剪定は強い日差しが幹にあたり日焼けを起こしてしまい、木が衰弱する可能性があるので適した時期とはいえません。

神戸で剪定を行っている植木屋の【拓己庭園】はお客様の納得のいく庭づくりが可能

神戸で剪定を行っている植木屋の【拓己庭園】は、樹木の剪定に際してまずお客様のお気持ちをお伺いします。その後様々なご提案をさせていただき、ご納得いただいたうえで剪定にかかりますので、ご希望をお聞かせください。

剪定には様々な技術があり、目的に応じた技術を駆使することで、お客様のご希望を叶えるお庭をつくり出していきます。剪定は毎年行うことで次第に樹木の形が整っていくため、程度先を見据えた剪定が必要です。

神戸の【拓己庭園】は毎年の管理も承りますので、お気軽にご相談ください。

お役立ちコラム

神戸で剪定のご依頼なら【拓己庭園】

会社名 拓己庭園
住所 〒658-0063 兵庫県神戸市東灘区住吉山手 7-5-11
電話番号 078-862-3302
URL http://takumiteien.com

TOP