伐採の後に行う作業「伐根」をしないとどんな影響がある?伐採との違いも解説

拓己庭園

078-862-3302

〒658-0063 兵庫県神戸市東灘区住吉山手7-5-11

営業時間 8:00~18:00/定休日 年始

lv

伐採の後に行う作業「伐根」をしないとどんな影響がある?伐採との違いも解説

伐採の後に行う作業「伐根」をしないとどんな影響がある?伐採との違いも解説

一般的に伐採を行う場合は、根元部分を引き抜く「伐根」まで行いますが、切り株をオブジェとして楽しむために残しておきたい方もいらっしゃるでしょう。

しかし、根元部分を処分しないでいると、様々なデメリットが発生する可能性があります。ここでは、伐根の概要と、伐根を行うケースと行わないケースを解説いたします。

そもそも伐根とは何?伐採との違いをご紹介

そもそも伐根とは何?伐採との違いをご紹介

伐採とは、シンプルに木を切る作業のことを指します。樹木の根っこ部分を残したまま根元を切っていく方法で、街路樹の撤去や丸太生産のために行われることが多いです。

一方、伐根とは伐採で残った根元(切り株)を取り除くことを指します。伐根を行う際は、斧などを使って手で掘り起こしたり、専用の機械を使って引き抜いたりするなど、様々な方法があります。

伐根は必ずした方がいい?した方がいい理由としない方がいい場合の理由

伐根は、伐採する時に必ず行わなければならない作業ではありません。行う場合と行わない場合があり、中には行えないケースも存在します。

例えば、「残った切り株から新しい芽が生えて木が再生してしまう可能性がある」「残った切り株が枯れると白アリやハチの巣になる可能性がある」などの場合は、伐根を行います。見た目があまり綺麗ではない上、つまずいてケガをする恐れがある場合も同様です。

逆に伐根を行わない、あるいは行えないケースは、「切り株から出てくる新芽を楽しみたい」「根が地中深くまで伸びており、ガス管などに影響する」などが挙げられます。

地中深くまで根を広げる樹木の伐根はプロに依頼するのがおすすめ

地中深くまで根を広げる樹木の伐根はプロに依頼するのがおすすめ

特別な理由がない限りは、伐根する方が良いでしょう。ただし、木の根っこは思っている以上に深く、密に絡まっているため自分で行うのは困難を極める可能性があります。

そのため、抜根を行う場合は業者に依頼するのがおすすめです。その際は、伐採を行うと同時に抜根も行ってくれる業者に依頼することがポイントです。

神戸にお住いの方で、邪魔になった庭木の伐採と伐根をご希望の方はいらっしゃいませんか?

神戸の東灘区にある拓己庭園は、邪魔になった庭木を伐採し、その後は残った根から再び生えてこないよう綺麗に処理いたします。必要に応じて伐根も行いますので、お困りでしたらお気軽にご相談ください。

神戸で伐採・伐根を依頼するなら拓己庭園へ。

神戸で伐採を依頼するなら拓己庭園

会社名 拓己庭園
住所 〒658-0063 兵庫県神戸市東灘区住吉山手7丁目5−11
電話番号 078-862-3302
FAX番号 078-862-3360
営業時間 8:00~18:00
定休日 年始
URL http://takumiteien.com

TOP